私たちは新しい機能性分子を創造するケミカルバイオロジー研究と創薬化学研究を行っています。
私たちは開発した分子を生体システムの解析や生体分子の機能制御に応用しています。
Join Us! Enjoy Chemical Biology and Medicinal Chemistry 大学院生(修士、博士課程)募集中!
Topics
  • 最終更新日  2020年12月22日
  • 2020.10.13
    徳永啓佑君(D2)の論文がJ. Am. Chem. Soc.に掲載されました。おめでとうございます。論文名:Bicyclobutane Carboxylic Amide as a Cysteine-Directed Strained Electrophile for Selective Targeting of Proteins
  • 2020.8.24
    三浦千鶴さん(卒業生)の論文がChem. Pharm. Bull.に掲載されました。おめでとうございます。論文名:Fragment-Based Discovery of Irreversible Covalent Inhibitors of Cysteine Proteases Using Chlorofluoro acetamide Library
  • 2020.5.5
    中村範章君(卒業生)の論文がMoleculesに掲載されました。おめでとうございます。論文名:Trimethyl-Substituted Carbamate as a Versatile Self-Immolative Linker for Fluorescence Detection of Enzyme Reactions
  • 2020.4.8
    佐藤磨美さん(卒業生)の論文がACS Medicinal Chemistry Lettersに掲載されました。おめでとうございます。論文名:Selective Covalent Targeting of Mutated EGFR(T790M) with Chlorofluoroacetamide-Pyrimidines
  • 2020.3.13
    当研究室で開発した細胞内の脂肪酸ベータ酸化活性を検出する蛍光プローブがFAOBlueとしてフナコシ(株)から発売されました。https://www.funakoshi.co.jp/contents/65885
  • 2020.2.26
    進藤直哉助教、王子田教授が執筆した総説がWiley-VCHから出版されました。 In vivo targeting endogenous proteins with reactive small molecules, Naoya Shindo, Akio Ojida, Handbook of In Vivo Chemistry in Mice. From Lab to Living System; Wiley-VCH, 2020; pp 281-307.
  • 2020.2.5
    内之宮祥平助教の論文がChem Communに掲載されました。おめでとうございます。論文名: Fluorescence detection of metabolic activity of the fatty acid beta oxidation pathway in living cells
  • 2019.12.20
    田畑栄一元助教の論文がiScienceに掲載されました。おめでとうございます。論文名:Electron Microscopic Detection of Single Membrane Proteins by a Specific Chemical Labeling
  • 2019.10.23
    進藤直哉助教が有機合成化学協会九州山口支部より優秀論文賞を受賞しました。おめでとうございます。論文名:Selective and reversible modification of kinase cysteines with chlorofluoroacetamides
  • 2019.09.5
    進藤直哉助教が EFMC-ASMC '19 (EFMC International Symposium on Advances in Synthetic and Medicinal Chemistry) (アテネ) にてBest Poster Prizeを受賞しました。おめでとうございます。 演題名: Selective and reversible modification of kinase cysteines with chlorofluoroacetamides
  • 2019.06.12
    徳永啓佑 (D1)が 日本ケミカルバイオロジー学会第14回年会 (名古屋)にて RSCポスター賞を受賞しました。おめでとうございます。 演題名: 不可逆阻害剤への応用を目指したひずみ解消型反応基の開発
  • 2019.03.13
    善明直輝君(D1)の論文がBull. Chem. Soc. Jpn. に掲載されました。おめでとうございます。論文名:Optimized Reaction Pair of the CysHis Tag and Ni(II)-NTA Probe for Highly Selective Chemical Labeling of Membrane Proteins
  • 2019.01.14
    進藤直哉助教の論文がNature Chemical Biology に掲載されました。おめでとうございます。論文名:Selective and reversible modification of kinase cysteines with chlorofluoroacetamides